じゅうたんに付着した猫毛の対処方法について

猫などのペットを屋内で飼っている場合、一番困るのは抜け落ちた獣毛がじゅうたんなどに付着して衛生上良くない生活環境となることです。特に猫の毛は非常に繊細であり、一度じゅうたんなどに付着すると、なかなか取り除くことができません。降り積もった獣毛は、ノミやダニが繁殖しやすい環境を作り、またアレルギーの原因にも繋がりかねません。そこで、じゅうたんなどに付着した獣毛の取り除き方ですが、一般には掃除機などを用いて取り除いていることと思います。回転式粘着テープなども効果はありますが、粘着剤が繊維に付着してしまうことが困ります。一番効果的な方法は、台所用のゴム手袋を用いることです。ゴム手袋で繊維表面を軽く擦るだけで簡単に獣毛を取り除くことができます。ゴム手袋に付着した獣毛は、水道水で洗い流せば再度利用することができるので経済的でもあります。猫の換毛期は、4月から6月にかけてと、9月から10月にかけて年2回あります。特に春から初夏にかけての換毛期には抜け毛の量が多く、降り積もった抜け毛は、夏場の衛生昆虫類の生息に対して好適な環境を与えてしまします。従って、春先にはブラッシングを頻繁にしてやるなどの対処により、抜け毛ができるだけ発生しないような工夫が必要と考えます。

猫にとってじゅうたんは爪とぎに丁度良い

猫にとってじゅうたんは爪とぎに丁度良いということもあり、猫がいる家はじゅうたんが傷つくということを覚悟しておく必要性があります。その他にもおしっこをしてしまうということもあるので、注意をする必要性があります。例えばじゅうたんがある部屋には入れないなどの工夫をする必要があります。一度爪とぎを覚えてしまうと、ずっとやり続けていくことも多々あるので、気を付ける必要性があります。猫の習性を把握しておくことは、傷つけられないためにもとても大切なことです。普段から部屋に入れなければ、次第にその部屋には入ってはいけないということを覚えるので、最初のうちは絶対に入れないように注意しておくことがとても大事なことです。爪とぎは必要なことであり、本能としてすることなので、専用の爪とぎをする製品を購入してあげるということも大事なことです。もしくは爪を切っておくことも、大切です。ただし爪を切るという時には爪に血管が通っているので、根元ではなく先の方だけ少し切るということがとても重要です。深く切ってしまうと血管を傷つけて、出血してしまうということがあります。爪を切る時には専用の爪切りが売っているので、購入することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*